ジェルキングには反動がある?

ペニスサイズに自信を持つならペニス増大サプリが効果的

MENU

ジェルキングには反動がある?

ジェルキングというチントレ法があります。簡単に言うと、亀頭の増幅のための訓練法ですね。

 

ネットで検索するといくつかの紹介しているウェブページもある結果、チントレの中ではメジャーな手法のようです。簡単に説明すると、ペニスの根本から亀頭へ向かって擦り高める結果を増やすというものですね。

 

なんでも1000年齢以上の歴史がある手法のようです。

 

ジェルキングは過去に医学類追及もなされてあり、ジェルキングを適切に実施した人の87%にペニス増幅の効能があったという答えになっています。これだけ聞くと極めて惹かれますよね。

 

他のペニス増幅法のようにお金もかからず、ただ手を使ってペニスを擦り上げるのみ。それだけでペニス増幅になるならば蓄財もんです。

 

ジェルキングをするにあたっては、包皮を根本から亀頭に向かって擦り振り上げることになるので、潤滑のためのローションやジェルによるのが同様のようです。

 

両手で交互に擦り褒めちぎる結果を繰り返していきます。こういう持続を300会ほど引き上げるそうです。これを連日繰り返して行くという感じですね。

 

手軽にやれる手なので多くの人が興味を持っているジェルキングですが、本サイトではおすすめしておりません。

 

ジェルキングをおすすめできない意味は

ジェルキングをおすすめできない意味にはいくつかあります。以下に列挙していくので、ジェルキングを含めたチントレに興味がある人間はぜひとも参考にして下さいね。

 

第一に、ジェルキングを積み重ねることによって、包茎になる、ないしは包茎が悪化するリスキーがあるからです。擦り持ち上げる結果を増やすジェルキングは、ペニスの包皮が伸びてしまうという過失があります。

 

その結果として、包茎状態になり易くなる。いくらペニスのサイズ増加に成功してもペニスの皮が伸びて見かけが悪くなっては意味がないですよね。

 

第二に、ジェルキングで成果を出すまでには、長いスパンって時間が要するということです。時間に関しては、すでに記述したように、枚数百回に及ぶ擦り高めを連日しなくてはいけないということです。

 

こういう動揺を連日積み重ねるのは至難の稼業だ。そうして、ペニス増幅効能が実感できるまでには、かなり1年齢以上の時間を要するとのことです。デイリーも連日ペニスを擦り吊り上げるはテクニカルではないと思います。

 

以上のことを考えると、ジェルキングは積極的におすすめできるものではありません。そのために、本サイトにおいてはペニス増幅法として栄養剤の実施を後押ししています。

 

ペニス増大サプリトップへ